ハンドオーバーとは?

ハンドオーバーとは?

ハンドオーバーとは携帯の端末と通信する基地局を移動中に切り替えることです。
基地局から遠くなり電波が弱くなると自動的に別の近い基地局から通信できるように自動的に切り替わります。これによって電波を安定して受けることができます。
LTE対応スマホのハンドオーバーには「X2ハンドオーバー」という方法が使われています。
X2ハンドオーバーは基地局同士が直接情報をやり取りするのでハンドオーバーにかかる時間を早くすることができます。
3GではS1ハンドオーバーという方法が使われています。
コアネットワークとS1インターフェスを通してハンドオーバーする方法です。
LTEは3Gの時よりスムーズに電波を受信し続けることができます。
携帯各社によって違いはありますが以前に比べるとかなりスムーズにハンドオーバーできるようになりました。