浪人、就職失敗…

人生、誰もが失敗なんてしたくないと思っているはずです。
人生最初の挑戦は入試ということになるでしょうか。
志望校合格に向けて、皆、必死に勉強すると思います。
ただ合格者数よりも志望者が多ければ、当然、不合格の人が出てきます。
すべり止めなども受けると思いますが、不幸にして、行く学校が無ければ、浪人ということになります。
これは人生最初の本格的な挫折と言われます。
しかし、無事に合格できたとしても、その後、就職という段階でまた選別が行われます。
これは景気の動向とも連動する問題で、景気の良い時期に就職に当たればラッキーですが、逆の場合は不運な結果に終わるかもしれません。
こうした挫折をするのは、その時点で見れば残念ですが、長い人生で見れば、何とでもなります。
あまり悲観せずに前向きに人生を歩んでいきましょう。