LTEと通話料金の微妙な関係

LTEと通話料金の微妙な関係

便利なものが安く提供されることが消費者にとっては何よりのことです。
通信回線の主流になりつつあるLTEですが、3G回線のユーザーにとっては高速通信を手に入れることの代償はないのでしょうか?
調べてみると、携帯電話を扱っている主要三社では、3Gサービスの料金プランを廃止に持っていく方向性が見られており、しかも当時主流だった「使用状況に応じて選べる料金プラン」がなくなってきています。
電話の使用頻度に応じて最適なプランを選択することに関心があった方にとっては、LTEには慎重な姿勢を示さざるを得ないことになります。
スマホと切り離して、ネット接続はノートPCやタブレット専用のポケットwifiを持ち歩くというのも良いでしょう。利便性を考えると、通話専用の電話とネット接続専用の端末を二つ持つ方が賢いかも知れません。